入院編(1.治療方針の説明)

今日から入院編です。
ちょっと前の出来事を思い出しながら書いていきます。


*入院生活 1日目
入院した病院は、担当する患者をチームで診てくれます。

主治医は診察室で診てくれたM先生、
担当医はK先生と研修医先生の3人が担当になりました。
(研修医先生は1週間後に別の科に異動になったけれど)

で、

入院当日の夕方に骨髄穿刺(マルク)をしました。

ふぇーん(><)

大学病院で実施したマルクのデータを提出していましたが、
病院が変わると分析方法も違うみたいなので、再度マルク。

一週間で腰2回、胸1回・・・(><)

研修医先生が実施したのですが、最後の引きがうまく引けず、
引きは担当医のK先生が行ったようです。
うつ伏せでも手が変わるのは分かりました。

*入院生活 2日目
2日目は各種検査。胸のCT、心臓エコー、レントゲン。
風邪をひいたようで咳がとまらないのがつらい・・・

*入院生活 3日目
アイソレータという巨大空気清浄機がベットに設置されました。
20150507104304391.jpg
アイソレータから綺麗な空気が流れ続けているので菌を寄せ付けないという代物。
この病院では白血球1000を切ると感染症予防のために切るとアイソレータが導入されます。
菌に弱くなっているので、トイレ、洗面以外はアイソレータベッドいることになります。

食事も過熱食です。
生野菜やフルーツもダメで、野菜はくたくたに煮たものが出てきます。

*入院生活 4日目
主治医のM先生と担当医のK先生から病状と治療方法の説明をうけました。

 私の白血病はWHO分類で inv(16)。
 inv(16)とは16番染色体が逆位しているというもの。
 予後は良いほうの白血病。

 骨髄に72%の白血病細胞がいる。

 治療方法は以下となる。
   ①寛解導入療法
   ②地固め療法(3回)
   ③維持療法

 寛解導入療法で白血病細胞が5%以下になった場合「寛解」となり、地固め療法に入る。

 明日から化学療法開始。
 副作用は吐き気、脱毛など。


私は白血病になって「予後」と「寛解」という言葉を知りました。
いや競馬で「予後不良」という言葉を聞いたことはあるので、
予後って競馬用語だと思ってました。

予後:手術や病気、創傷の回復の見込みを意味する医学用語
寛解:病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。または見かけ上消滅した状態。

毎日いろんなことの連続で泣いている暇もなく、
入院5日目から抗がん剤治療開始となりました。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

入院編(2.寛解導入療法)

*入院生活 5~11日目
薬剤師さんからまず薬の説明を受けました。

 イダマイシン 3日間 30分投与
 キロサイド 7日間 24時間投与

この他に吐き気止め、抗生物質の点滴もありました。

抗がん剤の副作用は個人差があるのですが、
私の場合は「吐き気」と「じんましん」と「熱」でした。

でも、いろいろな方の話を聞くと軽い方だったかも。

吐き気は初日の夕方から始まりました。

イダマイシン(写真の黄色いやつ)が投与されて数時間後に気持ち悪くなりました。
IMG_1567.jpg

吐き気は終わらない二日酔いという感じです。

呑兵衛の私は辛い二日酔いを何回も経験しているのですが、
抗がん剤の吐き気は二日で終わらない(ーー;)

ドラマだとベットでゲーゲーしている姿が描かれますが、
そこまで酷くはなく、トイレに行って吐きました。

抗がん剤投与後3~5日目の吐き気が特にひどく、食事がほとんど取れませんでした。
大好きなうどんが出ても10本くらいしか食べられなかった・・・

吐き気が収まってきた抗がん剤6日目からじんましんが始まりました。
お腹、腿、脇下、腕にじんましん。

とにかく、かゆい、かゆい、かゆい。

ステロイド軟膏を塗るとかゆみが収まるのですが、
すぐかゆくなるのと、場所が次々変わっていくので、
吐き気よりもかゆみの方が眠れなくて辛かったです。

このじんましんは1週間続きました。
3ヶ月経ってもまだ痕がのこっているんです(涙)

*入院生活13~16日目
抗がん剤が終わった2日後から熱が出始め、4日間続きました。

白血球が300を切った頃から37.4℃の熱が出て、

白血球が170という底の時は最高の38.2℃の熱がでました。
私の入院前の平熱は35℃台なのでこれはキツかったです。

熱が出ると解熱剤(カロナール)を飲み、アイスノンで頭を冷やしました。
カロナールを飲むと熱が下がり、しばらくするとまた上がってくるの繰り返し。

吐き気の時よりも食欲がなく、発熱で体重が2kg減りました。

白血球が250で発熱回数が減り、
白血球が470になった時は平熱に戻りました。


そうそう・・
この治療中に生理もきちゃって、ただでさえ貧血なのにダブルパンチとなりました。
翌月からは生理を止める点鼻薬を使うことになりました。

入院して2週間。
寛解導入療法の山は越えました。

振り返ってみると、
治療の苦しさはちょっとの間だけ。

終わってしまえば、苦しさのことよりも元気になった時の事ばかり考えます。
何を食べようか、とか、
どのレースにでよう、とか、

生きること、
元気になることを考えれば、
辛い治療も挑めます。




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

入院編(3.初めての輸血)

抗がん剤治療中に初めて輸血を受けました。

私は高校から大学1年まで献血してました。
合計で10回ちょっと。献血10回記念のバッヂも貰いました。
大学1年の夏以降は比重が軽くなり献血できなくなってしまったけど・・・

入院中に数回の輸血を受けました。

赤血球輸血は貧血改善で赤い輸血。
IMG_1614.jpg

血小板輸血は止血改善で黄色。
IMG_1644.jpg
血小板って黄色なんです!

赤血球輸血をすると貧血改善されるので、身体のダルさが取れて楽になります。

血小板輸血の方は効果の実感はないのですが、血小板が少ないと内出血すると腫れちゃうんです。
また、血小板が少ないときに頭を打ったりすると血が止まらないので大変なことになるそうです。


輸血を受けて思ったことは、


献血してくださった方々への感謝の気持ち。


ありがとう。


献血してくださった方のおかげで、私の身体が良くなりました。


献血してくれて本当にありがとう。




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

入院編(4.髪をカット)

私の髪は背中までありました。
基本ロングの私。最後にショートにしたのは15年前だったかな。

入院前に行きつけの美容室で髪をカットしたかったのですが、
診察後、即入院となってしまったのでカットに行けませんでした。

もう少しすると、抗がん剤の影響で脱毛が始まります。

脱毛が始まる前に短くしなきゃ。

抗がん剤治療6日目でしたが、
ひどい吐き気を誘発する3日間のイダマイシンが終わっていたので
病院内の理容室の出張カットをお願いしました。

白血球が低いので理容室まで行くと、感染症に罹るリスクがあるので
病室でカットしてもらいました。

中学からは美容室に行っていたので、
理容室でカットするのは小学生低学年以来です。

カット前
IMG_1619.jpg

髪を切っている時、涙が止まりませんでした。

理容師さんは「また伸びますよ」と言ってくれましたが、

その言葉を聞いてまた涙。

ショートにすることで涙がでたのではないのです。

この先にある脱毛に耐えられなくて、とめどなく涙が溢れました。

カット後
IMG_1628.jpg

こんなに切りました。
IMG_1621.jpg

今はすっかり髪がなくなりました。

今の私なら、こう言えます。

 抗がん剤が効いているからこそ、髪が抜けるんだよ。
 髪はまた生えてくるんだよ。


でも髪が抜ける前は、周りの人が同じように言ってくれても、
抜けることに耐えられなくて、涙がとまりませんでした。

髪は女の命。
抜けるのはとてもとても悲しいけれど、

また、生えてきます。

新しいヘアスタイルを考えなきゃ。
ちなみにこのヘアスタイルにしたらちびまる子そっくりになりました。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

入院編(5.たくさんの応援)

2009年に走り始めた時、ラン友と呼べる人はいませんでした。

自分のペースで黙々と走るのが好きなのもあるけれど、
実は、人見知りなんです。

私を知っている人は「え~、うそ~」と思うでしょうね。
でも、初対面の人に私から声をかけられないのです。

相手から話かけてくれて一度話をしたり、
一緒に飲んだあとは平気なんですよ。

ただ、最初に声をかけられないの。


でもレースやRUNBASEで声をかけてもらい、
いまではたくさんのラン友さんができました!

しかも全国に!

私が病気で入院したのを聞いて、たくさんのラン友さんから応援をもらいました。

応援ラン

私の好きなくまモンの帽子やアップリケをつけて走ってくれました。
私が一番走りたかった萩往還ではくまモンのリストバンドをつけて走ってくれました。

走れなかった私の気持ちと一緒にみんなが走ってくrている。


ありがとう。


本当にありがとう。


病気を治したら、また一緒に走りたい!

時間がかかると思うけれど、待っててね。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク