DAY240 久々の葛西臨海公園を散歩したらすんなり歩けたの!

久し振りにバスで葛西臨海公園に行って散歩してきました。

陽射しが厳しかったので日傘、アームカバー着用して歩きました。

数ヶ月前に散歩した時はゆる~いスロープもとんでもない登り坂に感じて、途中休憩しないと歩けない有様だったのですが、
今日はなんの問題もなく歩けました。

ヘモグロビンが上がったせいか、体力が少し戻ったせいか、こんなにも違うんだとびっくりしちゃいました。


週末で移植から8ヵ月になります。
まだ走ることはできないのですが、歩くスピードも少し速くなってきました。

体脂肪は減らないけれど、味覚障害で食欲減退しているせいか体重は減ってきているので、
今の体重なら走っても膝への負荷はそれほどでもないと思うので様子をみてそのうちジョグ再開したいなぁ。


明日は外来日。
白血球の数値が気になります。
また報告しますね。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

いのちのバトンさんへ

いのちのバトンさん、こんにちは。
素晴らしい活躍をいつも陰ながら応援しています。秋のレースも楽しみですね。頑張ってくださいね。

横浜の併走ですが、私はまだ移植1年目ですので勘弁願います。
バトンさんも走れるようになったのは2年目ですよね?1年目での併走はたとえ短くても厳しい現実をご理解ください。またその頃は仕事に復帰していると思うので週末は疲れを取りたいこともあります。横浜は我が家から遠くて片道2時間弱もかかるのです。また陽射しによる皮膚のGVHDもあるので本当にごめんなさい。

また、骨髄バンクランナーズへのお誘いなのですが、グループの主旨はとても賛同しますがグループに参加するのはごめんなさいm(__)m

走ることに対する想いは人それぞれだと思います。私にとって走ることが楽しいと感じるのは自分のペースで自分自身を見つめるながら走ることです。併走が励みになる方もいると思うのですが、私は正直困ってしまうタイプなのです。

この先ランに復活できたとしても、併走のお誘いはお断りしたいと思っています。
自分のペースで走り抜きたいと思うのです。
健康な時もグループで併走するのは苦手でした。大会によっては狭い道をグループの方が占拠して抜けなくて歯がゆい思いをしたこともありました。併走とかグループランが苦手という人種もいることをご理解して頂き、このお誘いはご辞退させてください。

献血や骨髄バンクの啓蒙は私なりにこれからも行っていきたいと思っています。ただそれはグループに入らなくてもできると思っています。生意気なことを言ってすみません。

骨髄バンクランナーズと横浜マラソン

今回は走ることに触れた記事なので久しぶりに、関連コメントしますね。

今回はコメントネームをアメブロでの「いのちのバトン」から、「骨髄バンクランナーズ」にしました。

なので、表示されるURLは、FBの骨髄バンクランナーズのグループのものです。

私は発起人ではないのですが、発起人の補佐役みたいな立場かな。

現在21人のメンバーがいて、北は宮城県から南は鹿児島までいます。

メンバーの背景を書きます。

発起人(Sさん)は日本骨髄バンクのドナー登録説明員資格をお持ちの方で、9年前から関東以北のマラソン大会を中心に全国のマラソン大会を骨髄バンクのタスキを着けて走っている女性です。

2016年3月、今年3月に名古屋ウィメンズを走っています。

2016年3月には当方地元のテレビ局の名古屋ウィメンズ中継放送にまろさんが登場したのと同様に、Sさんも登場しています。

親族を東日本大震災で亡くされた方なので、その立場で取材されました。

この時に、骨髄バンクのタスキを着けてテレビカメラに映っています。

この他の方々は、ドナー経験者、登録者、患者遺族・家族、血液内科ドクター、患者経験者です。

患者経験者は8人います。

私もその1人です。

フルを走るランナーは私ともう1人の2人だけです。

もう1人(Hさん)はウルトラ100キロも走ります。

患者経験者8人のうち6人は、東京マラソン移植者10キロを走っています。

最速ランナーは、今年の大会で38分台で優勝したTさんで、それまではHさんが41分台で連続優勝していました。

10/29の横浜マラソンで、21人のうち6人が集団で骨髄バンク啓発ランを行います。

その中には患者経験者としては私1人だけです。

その頃には、まろさんは職場復帰されていると思いますが、沿道のどこかの地点で、歩道から例えば1キロぐらい併走してもらえると嬉しいです。

それから、5キロぐらい走れるようになったら、このグループに参加してもらえると嬉しいです。

今後、患者経験者として、東京マラソンと湘南国際マラソンの移植者10キロを、統一ユニフォームと骨髄バンクのタスキで走りましょう。

なお、私と血液内科ドクター(Nさん)が、大阪マラソンを走ります。

私は京大iPS細胞研究所を寄付先としたクラウドファンディング方式チャリティーエントリーです。

ひょっとしたら山中教授とお会いできるかもしれません。

ちなみに、Nドクターは山中教授と同じ京大医学部出身です。
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク