FC2ブログ

DAY570 大ショック!湘南国際マラソンから移植者の部なくなる

本日、第13回湘南国際マラソンの大会要領が発表されました。

大会要領 → http://www.shonan-kokusai.jp/13th/index.html

な、な、なんと、
今年から移植者の部が廃止となってます。


大ショック…_| ̄|○


今年の10kmの制限時間は1時間半から2時間となっているので
「一般の部で一緒に走りましょう」という思惑なのかもしれません。

でも違うのよ。

発病前、私はランナーでした。
サブ4ランナーでサブ3.5を目標にしていたけれど、全然タイムが伸びず悩んでいたら白血病でした。

告知され、治療が始まってから「生きれるのか」そして「また走れるのか」という思いがありました。
抗がん剤治療で寛解して名古屋ウィメンズを完走した時はとても嬉しかったです。

でもその後、再発・造血幹細胞移植となった時は状況が違いました。
移植前にGVHDに関しての説明を受けましたが、GVHDによっては今までのような生活は厳しくなるかもしれないと…
リスク説明ですから、起こるかもしれないことはすべて説明されます。

落ち込みました。

もう100%元の身体には戻れない。でももしかしたら80%位までは回復できるかもしれない。
あとはGVHDの出方次第…

移植をしても、また走れるのか…

ネットで「移植 ランナー」を検索して前例を探したけれどうまくヒットしませんでした。

ところが湘南国際マラソンには移植者の部というのがあるのを知り、
リザルトを見ると男性も女性も移植者が10kmを完走しているじゃないですか。

これは患者時代の私の希望でした。

私も移植を乗り越えて湘南国際マラソンを走ろうと目標にしていたのです。
寛解した今よりも患者時代の方こそ「移植者の部」に励まされました。

今年は走れるまで体力が回復しているので、
今後は私が元気に走って闘病中の白血病患者さんにとっては励みになればと思っていたのに、とても残念です。


私のブログはマイナー過ぎてなかなか検索に引っかからないと思いますが、

闘病中のみなさん、移植してもまた元気になりますからね。
だから辛い治療も乗り越えてください。

ランナーだったのに病気になったみなさん、また走れますから!
できるかどうかわからないけれど、私はまたサブ4目指してます。
辛い治療を乗り越えましょう!!

今年の東京マラソンには移植者の部はありました。
来年の東京マラソンには移植者の部が残って欲しいと切に願います。




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

motoyaさんへ

本当に残念です。
10kmのレースは多々あるけれど、移植者の部に出ることは闘病中の患者さんを励ましたいという気持ちがあったんです。

ランナーで白血病になるともう走れなくなるのかと落ち込むのですが、
また走れるということを知ってもらいたいんですよね。

本当に東京マラソンでは移植者の部が残ってほしいです。

というわけで湘南国際に出る必要性がなくなったので、今年の目標の10kmはどれにしようか再検討を始めました。

東京マラソンに期待しましょうね

まろさん、東京マラソンは移植者の部が残ること、願ってます。
10kmの部はゴールがcoredo日本橋ですよね。スタートを味わい、下り坂を楽しんで、スゴくたくさんの応援の中をゴールという感じですよね!
今年はexpoで10kmの受付でしたが、是非元気に楽しんでゴールしてほしいなぁと思ってました。
東京マラソンでは移植者の部が残って、まろさんが参加できること、楽しみにしてます。
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク