東京・柴又100K(2.レース!(前編))

【大会名】第1回東京・柴又100K
【日付/天候】2013/6/1(土)晴れのち曇
【距離/制限時間】60km/9時間
【参加費/参加賞/参加者数】12000円/Tシャツ/972名
【コースマップ】
WS000041_20130626231905.jpg

スタート前の会場では和歌山のきいちゃんとツーショト。テンション上がります。
image_20130626230206.jpg

さぁ、いよいよスタート。
image_20130626230207.jpg

スタート~10km(01:01:34)
スタートはブロック毎のウェーブスタート。
私はBブロックなので8:02スタートですが、最終ブロック(K)は8:18スタートとなります。
関門は最終ブロックに合わせた時刻ですが、もしAブロックの人が制限時間(9時間)を越えていたら
記録なしになるのかな??

柴又のコースは遮るものがないサイクリングロード。スタート時の天気は晴れ。
前半はかなり暑いレースになりました。
image_20130626230208.jpg image_20130626230210.jpg

今回は武庫川と違ってアスファルトの道。時計を見て意識しないとスピードが出てしまう。
6:30/kmで走る予定が6:10/kmになってます。これ以上速くならないよう押さえて走ります。

目の前にサロマチャレンジャーのウェアを着た人がいたので声をかけました。
サロマ湖ウルトラのFacebookに出ていた公式チャレンジャーの方です。
Facebookの記事やサロマの話をしました。
ウルトラの孤独な長い旅でこうやって話をするのはいいものですね。
給水所は2.5km毎にあり、どこも水は冷えていました。暑さに弱いので冷たい水はありがたくガブガブ飲んじゃいました。これがあとで大変なことになるとも知らずに・・・
とっても快調な最初の10km。

10km~20km (1:03:33/02:05:07)
10km過ぎに右膝に違和感が出てきたので、これはフォームが崩れているからだと思い軌道修正。
フォームを意識して走りはじめると右膝の違和感もなくなりホッ。

ウルトラは予想外のトラブルにいかに対処できかを試されているように思います。
身体からのサイン(痛みとか眠さとか)をできるだけ早めに検知して、影響が少ないうちに手当てする。
事前に予想できるトラブルは脳内シュミレーションしておき、すぐに対応できるようにしておくのも大切です。

でも本当に予想外のトラブルが起こるのもウルトラ。今回、まさかあんなトラブルが起こるとは・・・

第8エイドで和歌山の梅干を食べてご満悦な20km。
image_20130626230211.jpg

20km~30km(1:06:55/03:12:02)
ウルトラの楽しみのひとつが給食。
柴又はレース2日前にラーメンエイドの発表がありました。
第10エイド(25km過ぎ)がラーメンエイドです!とっても楽しみにしてました。

ボランティアさんが次々と麺を茹でています。
image_20130626230513.jpg

器の大きさにビックリ。かなりの量なので「麺少なめ」でお願いしました。
これが麺少なめのラーメン。醤油味のスープに中太の縮れ麺で美味しいです。
image_20130626230515.jpg
ボランティアさんに「ごちそうさまー」と言ってコースに戻りました。

∑(゚∇゚|||) え”っ

胃が痛いんですが・・・

暑くて水をかなり飲んだので胃液が薄くなっていたのかもしれない。。。
そういえばラーメンはすするからそのまま胃に残っているんだ。。。

走ると胃の中の麺が動く。

子供の頃、食事後すぐに運動しちゃいけないって言われていたよね。
いや、良く噛めば大丈夫だったのかも。

などど思いながらも7km台のペースなら胃が痛くても走れる。
ゆっくりだけど走れる。

走れる。(`ヘ´)

痛いけど走れる。(`ヘ´)

走る。(`ヘ´)

当初の予定よりずっと遅いけど走れる。でも胃痛も絶好調。
やっぱりウルトラは一筋縄ではいかない。ラーメンに浮かれていた私がバカだったよ。。。

ラーメンに足元すくわれた30km

長いので、後編に続く



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク