与那国島一周マラソン2013(3.レース!)

レース当日。
昨年の雨模様とは違い、朝からいい天気。気温はすでに25度位。
レースは13時からなので午前中はゆっくり過ごします。
宿の朝ごはんはうどん。うどんを食べてから受付へ。
0120p.jpg 0122p.jpg

受付後は一度宿に戻り、身体の回復を願って横になります。宿と会場が近いのはこういう時助かりますね。風邪っぴきの体調は7割位の回復。持参したユンケルを飲んでレースに備えます。でもこの一週間走っていないのでどれだけ体力が落ちているか心配です。

さて、今回の参加賞はこちら。
前回の参加賞でファンが多かった舞富名はオーナーが店を畳んでしまったので、お土産の泡盛は与那国になっていました。Tシャツのデザインは(ーー;)うーん。昨年は帽子がありましたが、今年はバックパックになっていたのは良かったです。
0124p.jpg 0125p.jpg

体育館での開会式のあとスタートゲート前で与那国太鼓の披露。
この太鼓と笛の音がとても印象に残るんですよ。
0132p.jpg

スタート!
0133p.jpg
暑い。。。気温は28度位あるみたい。
昨年は6:00/kmペースで走れたので、今年は5:30/kmペースが目標ですがこの暑さの中どこまで走れるのだろう。

スタートして2kmくらいで風車が見える。でもここは与那国馬の馬糞エリア。
レース前はボランティアさんが馬糞を除去してくれていますが、気をつけて走ったほうがいいエリアです。
踏んだら大変です(ーー;)
東崎灯台が見えたら急な下りがあって、それから登り。

サンニヌ岩が見えてきて5km。
5kmまではそこそこペースで走っていたけど、いきなり吐き気に襲われました。

吐き気??

インターバル走などで限界を超えて走ると気持ち悪くなったことはありましたが、今のペースはそれほど無理なペースではないはず。

でも身体が危険信号を発しているのがわかる。

暑いんだ・・・(-_-;)

体感では30度を超えているように思う。
元々、暑さに弱い私にとってこの環境は命の危険に晒されているんだね。
大好きな坂をよろよろしながらなんとか登る。

とにかく、信じられないくらい抜かされました。。。

風邪引いて体調不良で走っているんだけど、悔しい。。。

自己管理の出来なかった自分が情けない。。。

悔しい、情けない、悔しい。。。

でもゴール目指して走ります。



うみ!
0137p.jpg

ここからだらだらの登りが始まります。昨年ここは楽しく登れた坂なのにこんなにつらいなんて。でも終わらない坂はない。

かなり遠くですが西崎灯台が見てきました。西崎灯台からは下りとフラットな道に入ります。そして、雲のおかげで少しだけ陰ってきたのが一番ありがたい。
0142p.jpg 0145p.jpg

Dr.コトーで志木根島漁業共同組合となった与那国町漁協の前は応援の人がたくさん。

あと10km。脚を動かすんだ。

フラットな道になったのでペースを少し上げることができ、坂で抜かされた人たちを少しずつ抜き返していきます。毎度の事ながら地味にデットヒートを繰り返していた水色のウェアの女性を追い抜き、突き放します。
暑さが少し違うだけでこんなにも楽に走れるのね。

でも・・・お腹が痛くなってきた(-_-;)

暑くて給水所でたくさん水を飲んだから冷えたのでしょうか。
空港が見えたのでトイレに寄ろうかと一瞬考えたけど、あと数キロなのでこのまま走ることにしました。
「お腹よどうかもっておくれ」と祈りながら。
お腹の具合が気になっていたせいか暑さがそれほど気にならなくなってました。

やっとゴールのグラウンドが見えた時、自衛隊が倒れている男性を囲んで介抱しているのがみえました。あとで町長からの報告でこの方は大丈夫と言っていたのでホッとしました。本当に倒れそうなほど暑いんです。

私は最後だけは力走してゴール。
タイムは2:55:18とかなり悪かったけど、なんとか走りきることが出来ました。

あ~、しんどかったよ~。
0146p.jpg




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク