愛媛マラソン2014(5.レース!)

今回の愛媛マラソンにはふたつの秘密兵器を持ち込んでいました。

ひとつは鼻詰まり対策のフリーズライト!
これは鼻に絆創膏を貼って鼻腔を開くという代物。 女性ランナーとしてこれを鼻に貼るのは美的に(・・・もともと美とは無縁なんですけど)如何なものかと思いますが、鼻が詰まると苦しいので貼ってみました。

もうひとつは、 詳細な愛媛マラソンのコースガイド!
こちらのかずまるさんのblog(「愛媛マラソンコースガイド(全12回))にと~っても詳しく書かれています。
県外ランナーにはと~ても参考になります!
http://kazmal.blog.eonet.jp/default/2012/10/1-6132.html

このガイドを印刷して事前にイメージトレーニングを行い、レース前日も読み返しました。色々レースに出て思うのですが、コースを知っていると知らないでは心構えが大きく違います。特に愛媛はコース高低差だけをみると平田の坂にびびってしまうのですが、かずまるさんのblogを読むと平田の坂を過ぎてからのアップダウンの方がダメージがあるようなので、26kmの第二折り返しをハーフ思ってそこまでは脚を残すという点を肝に銘じておきました。

こちらが愛媛マラソンのコース
WS000063.jpg

午前10時、愛媛県庁前から坊ちゃん電車の汽笛に送られてのスタート!
今回は病み上がりなのでファンランで走ります。実は5日前まで風邪で寝込んでいたんです。

まずは三越などのある大通りを走っていきます。 最初の交差点を曲がると少し道が狭くなりますが、すぐに平和通りに入り快適に走れます。平和通りでラン友の坊ちゃんさんから「まろさ~ん!」という声援でテンションアップ!
普段名前で応援されることがないので、名前を呼んでもらえるとものすご~~~く嬉しいです!

さらに曲がって国道196号に入ります。 ここで数日前までインフルエンザだったという寛平ちゃんとハイタッチ!芸人さんは大変だなぁ。 国道はちょっとデコボコしてますが、思ったほど悪い道じゃなくて一安心。

沿道には途切れることのないたくさんの応援で元気に走れます。バリィさんの帽子はわかりずらいようですが、ポーチにつけたバリィさんを見た人が「バリィさーん」と呼んでくれます。でもポーチは背中側につけているから呼ばれたときにはすでに走り過ぎていて応えられなかったことが多々あり心残りでした。
仮装だとハッキリキャラがわかるから”タイムリーに声をかけてもらえる利点あるんだ”と仮装の良さを再認識しました。

愛媛マラソンは老舗の大会ということもあり、沿道の応援が熱いんです。 その熱い応援に応えながら国道196号を走っていくと・・・ついにきた平田の坂!どんな敵かと思っていたら往路の坂田の坂は、傾斜角度が結構好みで走りやすい坂でした。数々の難坂クリアしてきたまろにゃんにとって往路の坂田の坂はまずクリア。

平田の坂を過ぎると左手に瀬戸内海が見えてきました。 またまたテンション上がります! 天気が良かったので瀬戸内海がとても深い青で綺麗ですね~。

名物の平田の坂の次はトンネルに突入。 トンネルは香港、柏崎潮風で走っていますが、愛媛は行きに2本、帰りに2本の合計4本のトンネルを走ります。香港ではトンネル内でランナーが「わーっ」や「おぉーっ」と叫んでトンネル内反響を楽しみますが、日本ではそういう光景ないんですよね。皆、黙々とトンネルを走るの。

トンネルを過ぎて中間点まではコースガイドの通り、小気良くアップダウンが続きます。
平坦な道だと飽きちゃうのでこのアップダウンはいい刺激になります。 このあたりから山エリアに入っていきます。愛媛マラソンは海と山と街を走るマラソンなんですね。
エイドも充実していて前半は一六タルトエイドがあり、一六タルトの着ぐるみが応援してくれるんです!でも一六タルトは一切れまるまる。一口サイブならアンコパワーをいただきたかったのですが、さすがに1個まるまるは食べられないや。この他にはコッペパン半分とかもエイドもありサービス良すぎです。

着ぐるみは一六タルトだけでなく、企業着ぐるみが結構応援してくれてハイタッチしてくれます。
着ぐるみ好きとしては嬉しいサービスですヽ(^o^)丿
愛媛マラソンではどのエイドもたくさんのボランティアさんがいます。1万人規模の大会でこんなに手厚いボランティアさんがいる大会は初めて。

第一折り返しで東京のラン友さんを発見。ラン友さんは前週に別大を走っての連戦というつわものです。すれ違う時にエールを送ります。やっぱり速い人は速い!

第一折り返しのあとから向かい風が攻めてきました。でもこの年の風は比較的穏やかな風だったそうです。後半の向かい風は辛かったけど、太鼓と踊りで応援をしてくれる人の応援パワーで頑張りました。
そしてやっと第二折り返し。事前のペース配分の通りここまそれほど脚を使っていないけど今回は無理しない安全走行。

第二折り返しを過ぎて26.5kmにみかんエイドがありました。しかも食べやすいようにみかんが剥いてあるんですよ。レースでは固形物を摂らないまろにゃんもついつい手が伸びて食べました。美味しい(^^)/さすが愛媛みかん。
給水にポンジュースもありエイドも楽しみタイムはややロス。後半の連続アップダウンもありタイムは下降気味。 ま、いっか。病み上がりのファンランだしね。

再び国道196号に入ると私設エイドに大好物のいちごもありました。小さめのをひとつもらって食べると脚に力がみなぎってきてペースを少しあげることができました。うん、ここから!

復路のトンネルに入りました。往路よりも暗い感じがしてなんだか走りにくい。ここが一番苦しかったかな。ふたつのトンネルを抜けるといよいよ往路の平田の坂に向けて脚に力を入れてペースを更にあげようとしたら・・・

・・・うっ

・・・脚が攣りました(ーー;)


右のハムが攣ってしまい走れない。道の端に寄って脚を伸ばして痙攣を軽減するまで待ち、走れそうになったので再度始動。でもスピードを上げようと脚に力を入れると攣りそうになるのでペースはあげられずに坂田の坂に向かいます。

「まろさ~ん、頑張って!」
平田の坂でまさかの個人名応援! 

ええっ?!
ラン友の坊ちゃんさんが坂田の坂まで来てくれて発破をかけてくれました。

ありがとう(@@)ウルウル

おかげで復路の平田の坂も楽しくマイペースで走れました。

平田の坂が下るとなんとそこには坊ちゃん団子エイドがあります。まろにゃんは坊ちゃん団子が大好きなのですが、ここまでぎりぎりのサブ4ペースできているのでパスしました。秋からの今シーズンは風邪で体調が思わしくないない中で走っていたので一度もサブ4を出してません。やっぱりサブ4は出したい。ファンランでも出したい。強欲なまろにゃんです。

残りあと5km。沿道からの「ばりぃさーん」という声援に手を振って応えて走ります。ラスト5kmというのが結構辛いんですが、ゴールが近づくにつれて応援が多くなってきています。たくさんの応援でパワーが出ます。応援ありがとうございました。

ここで再びラン友の坊ちゃんさんからまた声援をいただきました。

「まろさんあと100m!サブ4いけますよ!」

100mならダッシュだっ!・・・でも100m走ってもゴールが見えない~(><)
西堀端通りから城址公園に入っても、まだゴールゲートが見えない。
もっと先なの?と思った矢先にいきなりゴールゲートが見えて、笑顔でゴール!
タイムはグロス3:57:04、ネット3:55:23 でサブ4達成!やったね!(^^)!
201403022146111ec.jpg
坊ちゃんさん、ゴール前300mくらいありましたよ!!

ラストスパートしたら咳が出てしゃがみ込んでいたらボランティアさんに救護に連れて行かれました。
まろにゃん初救護です。救護でOS1を飲んだら生き返りました。年齢を聞かれ、計測器を外され完走タオルを頂いて開放されました。ボランティアさん手際がいいです!

愛媛マラソンがマラソン大会ランキングで1位になるのがよくわかりました。
沿道の応援、充実したエイド、ボランティア、手馴れた大会運営、品質の良い参加賞・・・どれも大満足でした。
あ~、楽しかった!
20140302215546114.jpg



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

愛媛マラソン楽しかった!

かずまるさん、blogに遊びにきてくれてありがとうございます。

愛媛マラソンとても良い大会でした!コースもアップダウンがあって飽きないというのもいいですね。沿道の応援、ゴール後のお接待、荷物受渡し、なにからなにまでストレスを感じることなく過ごせました。

その基盤に愛媛県人の精神があるのですね。
また来年も出場します!次回はもっといいタイムでゴールしたいです。

こちらでは、はじめまして

「かずまる」と申します。

愛媛マラソンはいかがでしたか。
松山市は人口50万人ということで、一応それなりの町並みから出発し、10キロあたりで「まさに田舎の風景がそこにある」というシチュエーションが良いらしいです。
ちなみに、その瀬戸内海の向こうに見える島影は、対岸の広島県です。
ちょうど、呉市の東側あたりです。

また、四国といえば「おへんろさん」ですので「お接待」の精神があります。
実際、遍路道では色々な「お接待」があります。
例として、愛媛マラソン10キロあたりの海側にある道(旧国道)では、時折野球服を着た中学生がお遍路さんに「みかん」を渡していることがあります。
また、お遍路さんではありませんが、愛媛マラソンが近づくと、愛媛マラソン35キロ(復路堀江小学校前)に「ご自由にお飲みください」と、清涼飲料水と紙コップとゴミ袋が置かれています。

このあたりが、愛媛マラソンの人気の基礎なのかもしれませんね。

それでは、来年も愛媛・松山でお待ちしております。
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク