萩往還マラニック140km(1.宿の手配)

2013年夏。 3年かかってやっとサロマ完走を達成した私にBB師匠は言いました。

「まろさん、超ウルトラなら萩往還があるよ」

「はぎおうかん?」

ネットで調べると、萩往還道は参勤交代で使われたり、明治維新で志士が駆け抜けた道。
少しだけ歴女のまろにゃんにとってこれは魅力あるコースです。

140kmならウルトラ1回とフル1回分なのでなんとか走れそう。
(今なら止めますが、知らないって本当に強いです)

翌日には郵便局に行ってエントリー代を振り込んじゃいました。
(早めのエントリーは振込みだけなんです)

エントリーしたら即座に宿の手配。
ラン友さんからスタート会場に近いサンルート山口国際ホテルを勧められ、ゴール日5/4の1泊をホテルに電話予約。

そーなのよ。
恐ろしいことに、最初は当日朝に羽田→山口へ移動して140km走る気だったんです。


でも神様から啓示があったのです。
2013年秋に羽田→北九州→下関→角島と当日移動して10km(たった10kmよ!)のレースに出場したら、移動だけで疲れ果ててしまいました。10kmでこれなら140kmは絶対無理と思って、上司に懇願して5/2の休暇をもらって前泊することにしました。(宿の予約は電話予約)

若く体力がある人なら当日移動でも大丈夫かもしれない。
慢性睡眠不足で体力のないおばさんランナーにとって当日移動の140kmは無理です(TT)

秋の時点で予約していたのは5/2と5/4の宿だけ。
不在の5/3は勿体無いから予約してなかったんです。

レースが近づいてきて萩往還を詳しく調べれば調べるほど、スタート前までの体力温存が必要と判断。
ホテルのチェックアウトは10時なので部屋がないと香山公園で時間をつぶさないとなりません。
普段から睡眠不足ということもあり、スタート当日は昼寝ができるように5/3の宿を予約しようと萩1ヶ月前にホテルに電話をかけたら・・・

部屋がないって(TT)

でも、ホテルの方から旅行会社(JTB、日本旅行)が押さえている分があるかもしれないと言われたので、すぐに日本旅行のサイトから5/3分を予約。ホテルに事情を話して、直予約-日本旅行-直予約ですが同じ部屋での三連泊にしてもらえました。 ちなみに日本旅行から予約した方が安くて、部屋が広くて、朝刊サービスがついているんです。 同じ部屋がいいのでダウングレードしたことは言うまでもありません。

お部屋はこんな感じ。想定していたよりもずっといいお部屋でした。
でもシャンプーとかはいつも使っているお気に入りのものを持参した方がいいかも。私はロクシタンのシャンプーを持参しました。
iphone 012 iphone 046 iphone 047

旅行会社のサイトは半年前からしか予約できないので、まずは直接押さえておき定期的に旅行社のサイトをチェックして安いものが出たら乗り換えるのも手かと思いました。

今回私は山口市内に宿を取ったのですが、温泉と食事等の利便性を取るなら湯田温泉がお勧めです。
スタート会場までタクシーで2000円弱くらい。
でも一度移動すると再び宿に戻ってゴロゴロできないので、移動のタイミングを考える必要があります。

大の温泉好きのまろにゃんですが、今回は温泉よりもスタート前の休息を取りました。
宿代の出費は痛いけど(><)、自分の体力を過信できないので仕方ないですね。
結果としてはグーグー昼寝ができて十分な体力温存ができました。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク