萩往還マラニック140km(6.レース①山口~防府往復)

これから24時間の旅が始まります。
「エイエイオー」の掛け声と共にウェーブ1スタートです。
雄たけびをあげると武士の出陣みたいですね。

最初の山口~防府の往復はつまらないという方もいますが私は楽しかった。
知らない街を走るとなにもかももが珍しくてテンションがあがります。

山口駅前を通り、大きな歩道橋の先から矢原河川公園へ。広くゆっくり流れる川を見ながらランラン。この河川敷の道は折りかえりなのでランナーとエールの交換が出来てこれまたテンションがあがります。でも小さい虫が集団で飛んでいて口に入りそうになったエリアでもありました。
WS000071_20140512221903182.jpg

ここで第3ウェーブからスタートした下関の彦猫ゃん師匠達3名の方と一緒になりました。彦猫ゃん師匠はフルの大会で背中も拝めないくらい速い方なのですが、ウルトラだと併走ができるでなんだか嬉しい。6:30/kmのペースで走り、次第に山口の郊外へ。県道や国道沿いを走っても街灯が少ないので暗いです。ヘッドライトを点して走るけど110ルーメンだとちょっと暗いですね。前半は結構集団で走っているので他の人のヘッドライトの光もあったのでなんとかなりました。

2時間程走って、たそがれ庵到着(20:17)。うどん券は帰りに使う予定だったのでトイレ休憩と給水のあと走り出します。

たそがれ庵から鯖山峠に入ります。
これが、ものの見事に真っ暗な道!

暗闇をヘッドランプの明かりだけで走るって爽快。
勿論、前後にライトの明かりが見えるから爽快と思うのであってもし一人きりだったら怖いです。

鯖山峠を登りきると気持ち良い下りが待っています。そして防府の街の明かりが見えるとまたまた楽しくなってテンションアップ。防府の街までの道は基本下りなので楽しくランラン。市内に入ってくると信号待ちが多くなってきます。信号待ちで給水やストレッチを行いました。

地下道を通ってしばらく走ると第1CPの英雲荘に到着(21:15)。到着時刻を記入してからチェッカーで初パンチ。エイドでバナナと梅干をいただきました。私が到着した時間はそれほど混んでいなかったのですが、あとから到着した人はかなり混雑していたと聞きました。
iphone 113 iphone 116

さぁ、山口に戻りましょう。
行きの下りは帰りは登り。行きの気持ちの良い下りはしんどい登りになります。河川敷からご一緒させていただいた下関の彦猫ゃん師匠達の助言もあり、往還道での脚を残す為にも途中の登りからは歩きと走りを混ぜて進むことになりました。でも歩くと寒くなってきます。私は上は長袖のCWXとTシャツだけでウィンドブレーカーは福祉センターに置いてあるので寒くても山口まではこのウェア。でも北海道生まれの私の身体は寒冷地仕様。ちょっと走って体温を上げるとすぐに温まります。私は寒さに強い身体なんだと思いました。

帰りの鯖山峠も暗闇ランを楽しみ、峠を降りたら・・・
たそがれ庵のうどん!!
うどんとおにぎりをいただきました。温かい出汁が身体に染み渡ります。美味しい。
iphone 111 iphone 117

うどんと食べてからトイレに行き、彦猫ゃん師匠達下関三銃士と一緒に山口に向かいます。
寒いのでゆっくりですが歩かず走って帰ります。
帰りは行きに通った道なので「ここ通ったな」と思いながら走るので結構あっという間に福祉センター到着(0:05)

約50kmの防府往復を楽しく走ることができました。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク