診断編(1.前兆は息切れ)

私の病気は、急性骨髄性白血病です。

白血病といえば昔は不治の病と言われ、ドラマや映画でも”白血病=死”とよく描かれます。
百恵ちゃんの赤いシリーズもそうでしたよね(←まろにゃんはおばさんなので例えが古いです)

でも、現在の医学では白血病の種類によってはかなりの確率で治る病気なんです。

もし「白血病」で検索してこのブログがヒットしたあなた!

治しましょう。

治る病気なんですから。


白血病は貧血、紫斑、血が止まらないという症状で気が付くことが多いそうですが、
私にはまったくそんな症状はありませんでした。

しいてあげれば「息切れ」かな。

2014年の夏から冬にかけてのレースは息切れが酷くてタイムが全く伸びなかったんです。
フルマラソン3時間半を目指していたのですが、息切れが酷くてスピードを出せなかったんです。

息切れが続くけれど、

夏は暑さに弱いので、夏バテだと思ってました。
秋は残暑が厳しいのと月イチレースの疲れのせいと思ってました。
ランナーまろにゃんは月に一度走ってたんです。 
こんなに走ってました → レース記録

ランナー貧血も疑っていたのですが、
2014/9の健康診断では貧血は問題なしでした。

会社の健康診断は赤血球数とヘモグロビンの検査だけで、
白血球のは数年前からなくなっていたのでこの時点での白血球数はわからないんです。

また5年に一度は全身のがん検診を受けていて、近々で受けたのは2013/11で全身問題なしでした。

冬になっても息切れの症状は続いていたのに気になっていたのですが、
階段の上りでゼイゼイするくらいで、他の日常生活は支障なし。

マラソンもスタートしてから5km位は息切れが激しいけれど、
そのあとは落ち着き、
ゆくっりスピードなら問題ないので、
加齢による心肺機能の衰えと思ってました。

そんな状況下ですが、
2015/1/11の宮古島ワイドーマラソンという
100kmのウルトラマラソンを完走してるんです!

入院の16日前に100km走ってるんです。今から考えるとすごいなーと思います。
発病していたと思うけれど、よく完走できたものです。

というわけで、息切れ以外は白血病の前兆はなく、100km走っちゃうほど元気だったので、
いつから病気が始まったのかわかりません。

がんってこっそり進行しているんですね。
がん検診も健康診断もすり抜けていたんですから、本当にやっかい。

でも、見つかって、
体力があるうちに治療を始めることができたのだから
良かったんだと考えなきゃ。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

まぁみぃさんへ


那覇マラソンは3回走りました。
沿道の応援がずっと続いて、楽しいですよね。

息苦しいということで気になるようでしたら血液検査を受けてみてね。
私も白血球が少なめでしたが、これまでは白血球の中身は大丈夫と言われました。

今回は白血球、ヘモグロビン、血小板と全て低くて即入院となりました。
息切れしか自覚症状なかったんですよ。
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク