診断編(3.怒涛の9日間:1日目)

2015/1/19 月曜日
この日は夕方に担当しているお客様との会議があったのですが、
だるさがひどくなってきていたのと、
すぐに大学病院に行くように言われたので、
職場に連絡をしてタクシーで大学病院に行きました。

大学病院で受付したのは10:50。
初診受付は11:00迄だったのでギリギリセーフ。

ちなみに診察が終わってお会計が済んだのは17:30だったので半日仕事になりました。

近所の病院からの紹介状には3つの科が書かれていたので、3科の受診をしました。

ヘモグロビン低下は、内臓出血が考えられるので消化器内科。
息切れは、心臓疾患が考えられるので心臓内科。
血液全般の数値が悪いので血液内科。

ながーい待ち時間の間に血液検査、レントゲン、心電図を受けました。

診断は、

消化器内科 → 問題なし
心臓内科 → 問題なし

ときたのですが、

最後に受診した血液内科では白血球の数が低く、血液の病気の疑いがあるので、
明日骨髄検査をしましょうと・・・

まろ「血液の病気って?」

先生「白血病、もしくは、好中球減少症の疑いがあるので骨髄検査が必要です」

白血病!!!!

大学病院から家に帰るために電車待ちをいていたら、
急に涙が出てきました。
涙が次から次と溢れてくるのです。

傍から見ると、駅で泣いている変なおばさんなんですが、
涙が止まらないんです。

会社から帰ってきた旦那を前にして更に大泣き。

ネットで「白血病」を激検索して、もっともっと泣きました。

とにかく涙が止まりませんでした。

今はこうやって振り返えれるほど落ち着いたけれど、
当時は日本海溝に沈むくらい深く落ち込み、ずっと泣いてました。

白血病の疑いと言われて入院するまでの9日間が精神的に一番つらかった。
すみません、暗い話はもう少し続きます。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

坊ちゃんさんへ

坊ちゃんさんへ

ちょっと難しい病気に罹ってしまいました。

治ってもウルトラはサロマだけと釘をさされています。
萩や他のウルトラはもう走れないかと思うと、がっくししちゃいます。

闘病日記は、書いていても暗くなるのですが、
退院したら「サブ4への道」を書く予定です。

その前にフルを完走する体力をまず戻さなきゃです。
3ヶ月もベットにいると全身の筋肉がこんなにも落ちちゃうと実感しています。

がんばるからねー。
また一緒に走りたいです。

びっくり

ええええ!!

ちょっとばたばたしてて、ブログ読むのが今になってしまいましたが まろにゃん ・・・・・・

待ってますよ。がんばりやのまろにゃんのウルトラで闘った闘志は誰にも負けないでしょ。

闘っているこのブログ読みながら、坊ちゃんも
ステージは違いますが、前に走り続けます。

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク