入院編(21.白血球が上がらない)

*入院生活 77日目
腰痛は白血球が増える時の痛みと言われたけれど、
この日の血液検査の結果は軒並み大幅ダウン。

 白血球 1100 → 860
 ヘモグロビン 8.2 →7.9
 血小板 34 → 23

血球が上がらないと次の治療が遅くなり、
復職も遅れるわけで焦りがでてきちゃう。

*入院生活 80日目
今日の血液検査では白血球が10しか上がらず、がっくし_| ̄|○

 白血球 870
 ヘモグロビン 8.0
 血小板 16

血小板がここまで下がると輸血です。
今日からまた点滴針との共同生活。
翌日は微熱が出たり、調子がよくならない。

*入院生活 84日目
おととい旦那がお見舞いにきてくれたんだけど、ずっと不機嫌のまま。
疲れているなら帰っていいよと言ったけれどそれも不機嫌に火をつけた感じ。
旦那が不機嫌だと私の気持ちもずどーんと暗くなり、落ち込む。

そのせいなのか血液検査の結果も悪くて大ショック。

 白血球 770
 ヘモグロビン 7.7
 血小板 39

主治医のM先生と話をしました。
75日目の白血球1100はCRP(炎症反応)が高かったので上がり、
そのあとの値が本来の上昇曲線ではないかと。

ゆっくりであるが回復はしているが、
念のため骨髄の状態を確認するために2日後に骨髄穿刺(マルク)をすることになりました。

*入院生活 85日目
北海道の母がお見舞いに上京。
お迎えにいけないので心配でしたが、
海外旅行経験も豊富な母なので空港からホテル、病院まで問題なく来ることができてホッ。
母といろいろな話をして楽しいひととき。元気になったら親孝行しなきゃ。
そのためにもまずは病気を治さなきゃね。

夜、寝ているといきなり看護師さんからタミフルを渡されました。
この日同じ病室に入院した人がインフルだったそうで、同じ病室の人全員に予防のためにタミフルが配られたのでした。
ひぇ~~。
このあと一週間タミフルを飲むことになったのですが、飲んでいる間ずっと調子が悪かったです。

この日お見舞いにきてくれた母と旦那にメールを打って、体調が悪かったらすぐに病院に行くように伝えました。

*入院生活 86日目
昨日、母と楽しいひとときを過ごしたおかげが白血球が上がってました(^^)
 白血球 860
 ヘモグロビン 7.7
 血小板 30

でも、血球の上がりが遅いので骨髄穿刺(マルク)で骨髄の状態を確認です。

毎回毎回書きますが、この検査は嫌いです。

だって痛いんですもの。
骨に麻酔入れるのはどうしても痛いんですって。

今回はY先生が実施したのですが、お尻が痺れたり、引く時に右足が痺れたりとこれまでで一番痛かった。

白血病細胞が増えているとかの悪い結果じゃないように!



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク