入院編(32.ウィッグ作成)

今回の一時退院ではウィッグを作ろうと思っていました。
でも、ウィッグってどこで作成すればいいのかわかりません。

10年前に友達とのクリスマスパーティ2次会でメイドの仮装した時につけた銀髪ウィッグは
ソウルの東大門で1000円位だったかな。

今回は銀髪ではなくて、
ちゃんとしたウィッグを作ります。

復職したらこのウィッグを被って会社に行くんです。

病棟のデイルームに置いていあるパンフを見たり、
ネットで調べたりしましたが、どこがいいか全然わかりません・・・
楽天で安いのを何個も買うのを勧める人もいるし、
デイルームに置いてあったパンフレットのお店で買った人もいるし、さまざま。

約15万という決して安くない買い物をするので
納得のいく買い物をしなきゃと思い、体調が良い時にネットで激検索です。

医療用ウィッグのサイト、口コミ評判、購入後のサポート情報から
日本ヘアエピテーゼ協会にたどりつきました。

ヘアエピテーゼでは再現美容師さんがウィッグを作成してくれます。
都内のヘアエピテーゼ協会のお店を検索し、お店のブログを読み比べて
蒲田のChez Moi(シェ・モア)さんに決めました。
Chez Moi(シェ・モア)さんのブログ → http://blog.goo.ne.jp/watercolor8888


まずはメールで予約。

一時退院は10日間。
電車に乗れるほど免疫がないので、旦那の車で送迎してもらうのから土日が希望です。
日曜のお昼の予約が取れました。

美容師の吉成さんからメールでヘアスタイルの希望や
髪が抜ける前の写真を見てもらい私の髪型のイメージをわかってもらえました。

予約日当日に旦那の車で蒲田に行き、Chez Moiさんへ。
入口はちょっとわかりずらいけれど、無事見つかりました。

美容室はマンションの一室で白を基調としていてリラックスできる雰囲気です。
付き添いの旦那はソファに座ってウィッグ作成の過程を見ていてくれました。

まずはベースとなるウィッグ選び。
ウィッグは手作業で作るので同じように作っても微妙に違うそうです。
髪の量も多めや少なめがあり、元々髪の多い私は少なめのウィッグをベースにしました。

ウィッグの大きさも微妙に違っていて、何個か試着してフィット感の良いものを選びました。

オリジナルのウィッグをかぶったところ。
普通の美容室にいるようですよね。
IMG_2150.jpg

でも、普通の美容室と違うのは
頭の形に合わせてちくちくとウィッグを縫うんです。
IMG_2148.jpg

今は髪がないので縫って小さくし、髪が増えるとこの縫い目を調整してもらいます。
ヘアエピテーゼのウィッグは12万(税別)で1年間のメンテナンス付き。
髪が元に戻るまでの長い付き合いのウィッグ。
先々の髪量に合わせて調整してくれるのがいいですね。

縫い終わったウィッグを被ってカットに入ります。

最初はショートの希望だったのですが、
鏡をみていたらちょっと遊び心が出てきて、
毛先をカールするミディアムヘアにしてもらいました。

カットと調整とを数回して完成♪
やっぱり髪があると雰囲気が違いますね。
e0686d33800287412f8d79a2aadacf15.jpg

Chez Moiの吉成さんありがとうございました。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク