入院編(46.ショックな出来事)

*入院生活 132日目
熱は下がったけれど、身体はだるだるの状態。
でも熱が下がった事は嬉しい。

この日、ショックな出来事がありました。

私と同じ白血病の女性が病室にいたのですが、
連休中に肺炎に罹ってしまい、なかなか熱が下がらないので
ナースステーション近くの病室に移っていたのです。

時々姿を見ていたので安心していたのですが、
この日彼女は病室にいませんでした。

退院したのかな。

新人の看護師さんに「Aさん退院したんですか」と聞くと、
ちょっと困った顔をされて「亡くなったんです」とぽつり。

え、え、うそーっ。

同じ病室に来たときは元気に「2回目の臍帯血移植をするんだ」と
前向きに話してくれていたんですよ。
肺炎に罹って1ヶ月半、ずっと頑張っていました。
高校生と小学生の子供がいるから頑張ると言っていたのに。

涙が止まりませんでした。

白血病患者は感染症に弱いんだよね。
肺炎は本当に命取りになるんだよね。

涙が止まりませんでした。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク