入院編(71.半年振りのラン)

*一時退院 20日目

退院後、地道に散歩を続けてきました。
5~8km位の散歩なら平気になったので今日は走ってみました。

半年振りのラン。

膝が心配なので、暑いけれどCWXのタイツを着用。
発病前は生脚で走れたけれど、脚の筋肉がないのでタイツは必須です。

走ったコースは、2010年7月26日に走り始めた時と同じコース。
5年前のこの日から私はランナーになりました。

2kmちょっとの距離ですが、再起はこのコースと決めていました。

ゆっくり走っていても散歩と違い、脚への負荷が大きいですね。
一瞬だけど片足で体重を支える瞬間があるので、脚の筋肉が弱っている今は堪えます。

日影を選んで走ったので、暑さはそれほど感じることなく走ることができました。

距離2.36kmでタイム21分。
らん2

(ーー;)キロ9分・・・
2010年はキロ7:30で走っているので、かなり退化してます。
これが今の現実か。厳しいなぁ。

左腕は五十肩で30度しか上がらないので腕振りがうまくできずフォームも悪かったので、
次はフォームを意識して走ってみようと思います。

ちょっと走っただけなのに脚はパンパン。
今夜はアイシングしてクールダウンします。
ご褒美ビールも飲んじゃいました。
IMG_2590.jpg




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

せんちゃんへ

頭がイメージしている姿はもう少し早かったのですが、現実はそうじゃなかった~
最初に走った時はまわりを見る余裕がなくて、走るだけだったの。
翌日は空を見たり、少しまわりをみることができました。
しんどいのがなくなってまわりを見る余裕を持ちながら走れるようになりたいなぁ。

いのちのバトンさんへ

アドバイスありがとうございます。

脚の筋肉の衰えが激しいので、地固め2回目からリハビリを始めました。少しでも維持しなきゃね。
来週からの地固め3回目でも意識してストレッチやスクワットをしていきます。

私は化学療法だけですが、移植の場合は前処置の大変さは聞いています。
それを乗り越えて今は走っているというのは勇気をもらえます。
ありがとうございます。

No title

ペースなんて関係ないよ。
走ろうと思って、走れた。
それだけで100点だよ。
おめでとう!

治療スケジュールと相談しながら、ゆっくりいこうね!

CWXふくらはきかかと一体型サポーター

初めまして。

急性リンパ性白血病から骨髄バンク経由の移植により復活しました。

そうかといって、病気になる前はランナーではなく、ふつうのオジサンでした。
血液だけは40代前半に蘇ったので、ランナーしています。

抗がん剤などの化学療法による筋肉組織の破壊はすざましいものがありました。
太ももやお尻はもちろん、足首とふくらはぎの筋肉が激減しますので、走る動作では必須の、片足だけで体重を支えることは困難になります。

なので、CWXのふくらはぎかかと一体型サポーターを愛用しています。

さらに、それと併用して、CWXのセミロングタイツを使っています。

再入院後退院されると、足首が一段と小さくなっているかもしれません。

体調の許す範囲内でベッドの手すりに捕まって(ここ大事です)、弱い方の足がさらに弱くならないように屈伸運動してみてください。

焦らなくても、必ずランナーに復帰できますよ。
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク