リハビリ編(50.嫉妬心)

週末からの憂鬱の原因はひとつだけじゃないのですが、

要因のひとつは嫉妬です。

秋のマラソンシーズンが始まり、私のFacebookのタイムラインはラン友さん達のレース報告で埋められています。

マラソン界では「走った距離は裏切らない」という言葉があります。
熱い夏もコツコツと練習をして友達は皆、自己ベストを更新しています。
やったね!という賞賛の気持ちが大きいのですが、片隅に嫉妬の心があるんです。


入院前はフルマラソンのサブ3.5(3時間30分を切る)を目指していました。
練習では5:00/kmのペースで走っていて、インターバルだと4分台で走ることもありました。それが今では8:00~8:30/kmという速歩きペースで2,3kmを走るのがやっと。フルの完走すら今は厳しい現実。

”もし”という話はしちゃいけないのだけど、

もし白血病にならなければサブ3.5ランナーになっていたのかな、とか思ってしまう。

入院中はキャンサーギフトという言葉を知り、感謝の気持ちを感じていたのですが、寛解した今はやっぱりガンに対して「なんで私が・・・」という気持ちがムクムク盛り上がってきちゃう。

あんなに辛い抗がん剤治療をして、生きているだけで感謝していたのに、元気になるとなんて傲慢なのでしょう。すみません。

今の血球ではヘモグロビンが低いので酸欠で速く走ることはできません。
記録ではなく、記憶に残る走りということもわかっています。
でも、でも、やっぱり納得のいく走りをしたいのです。
力のギリギリまで出し尽くして走るのが好きなんです。

今はもうがん患者じゃありません。

がんサバイバーなんです。普通の人とほぼ同じなんです。

だから、くやしいの。速くも長くも走れない自分に。
それが嫉妬と傲慢な心のせいだとわかっているけれど、くやしいいんです。

これから毎週、Facebookではレース報告が書かれていきます。
それを冷静に見ていけない私。器が小さいよね。

4日程家に引き篭もっていたので、明日からは少しずつ復活していきます。
いつか自己ベスト(3:51:13)を更新したいっ。

神様、仏様、私に速く走れる脚をください。




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

motoyaさんへ

大きな怪我大変でしたね。
でも復活後のランが丹後の60kmですか!復活おめでとうございます。

私はまだ身体が思うように動かず四苦八苦していますが、地道に練習をして、まずはフル、そしていつかウルトラに出る日を夢見て頑張ります。

motoyaさんのブログにもこれから拝見しに行きますね。

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク