【本】「いのちのスタートライン」

大久保淳一さんの「いのちのスタートライン」を読了。
003.jpg

大久保さんは優秀なビジネスマンであり市民ランナー。サロマを完走したウルトラランナーでもあります。
42歳で睾丸がん、その後間質性肺炎を発病。そこからサロマ湖ウルトラマラソンに復帰するまでの話です。
私と病気は違うけれど、同じランナーとして共感することが多く涙なしには読めませんでした。
私もいつかサロマを走りたいけれど、治癒宣言の5年後までは我慢です。

大久保さんは今はサハラ砂漠250kmマラソンを目指しているそうです。すごいです。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

大久保淳一さんへ

うわ~っ、大久保さんご本人からコメントを頂きありがとうございます!

私はお医者様からは徐々に走れるようになると言われています。大久保さんはお医者様から無理だと言われながらも頑張ったんですね。本当にすごいと思っています。

私は私のペースでのんびりいきたいと思ってます。サロマは遥か先の夢の世界ですが、いつかまたワッカを走りたいと思っています。それまで待っていてくださいね。

まずは風邪などひかず問題なく過ごす毎日を過ごしていきます。
本当にコメントありがとうございます!

ありがとうございます。

まろさん

この本を紹介して頂き、ありがとうございます。

内容の通り、私は2007年に進行性のガンを患い、10ヶ月に及ぶ入院治療を受けました。

そしてガン治療と合併症で弱りきった私がマラソンに復帰する事は難しいだろうとお医者さんたちに言われていました。


人生に試練はつきものです。

人は、どんなに、まっとうに生きていても、急に真っ暗なトンネルに入り込む事があります。

それは、病気・怪我に限らず、いろんなことで起こるのだと思います。

でも、希望を持ち続け、夢さえ抱き続ければ、必ずやその試練を乗り越えられると信じています。


人生には、いつでも、何度でも、チャンスがあります。

ぜひ、サロマ湖100kmのスタートラインでお会いしましょう。

何年先でもいいです

心から応援しております。

大久保淳一

うさちゃんへ

うさちゃんは読書家だもんね。
私はスマホを手にしてから本を読まなくなりました。

この本では最初にハーフに出たときに3時間くらいかかって、最後尾車両のおじさんからおにぎりを貰うところが印象的でした。
それにしてもすごいよね。今はサハラ砂漠マラソン250kmを目指しているんだからねー。

名古屋で会えるのを楽しみにしているよ。

その本買いました(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
もう内容あまり覚えてないけど…

すごい人ですよねε===(っ≧ω≦)っ
尊敬してます!

じぶんもー続くぞー(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

とりあえずは
名古屋マラソンの時に
命のバトンさんとまろにゃんに会うことだねー(´・ω・`)
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク