iPSで白血病治療の記事

今朝の新聞一面の記事にハッとしました。

iPSで白血病治療 免疫細胞を作成
20160111204423cc9.jpg

2019年に治験を目指しているそうです。
実現を切に切に願っています。

数日前にブロ友のうさちゃんが旅だちました。
前日までブログを更新していたので心底びっくりしました。
あんなに頑張っていたのに・・・
一日でも早く白血病の治療が確立されることを心から願いました。

世界中の白血病患者さんが完治しますように。
みんなが笑顔でいれらますように。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

いのちのバトンさんへ

返事が遅くなってごめんなさい。
ショックでコメントができませんでした。
今でもうさちゃんのブログの新着お知らせが届かないか心待ちにしている自分がいます。

うさちゃんの分も元気に生きていきたいと思ってます。

うさちゃんは永遠なり

私はうさちゃんと2回面会しており、生着後の3回目の面会をお互い楽しみにしていて、突然の訃報に我が目を疑いました。
うさちゃんの亡くなる前日の夕方から、ブログへのコメントに対する返信が始まったので、翌日朝、私はコメントしました。

私のコメントが承認された直後に天に召され、私の次にコメントされたまろさんに対するコメントは、訃報が報告された直前でしたね。

運命的な出来事と受けとめています。

うさちゃんと3月の名古屋でのマラソンで会おうと約束していたのですが、叶わぬ夢となりました。

うさちゃんはブログで書いておられるように希少な白血球の型のため、骨髄ドナーが見つかりませんでした。

私は1回目に移植経験を話しに行った時、うさちゃんがハーフマラソンランナーであることを知り、闘病中の彼を励ましに行ったつもりが、
逆に私がハーフマラソン完走法を伝授され、そのおかげで山岳コースのハーフを完走できました。

リアルであろうとバーチャルであろうと、知り合った人への思いやりに満ちた人間性に感動しました。

この人にはなんとか生き抜いて欲しいとの祈りは届かず痛恨の極みです。

どんな希少な白血球の型であっても、最適な時期にドナーさんと巡り会えますように、骨髄バンクのタスキとノボリを着けて、これからも走りつづけます。
うさちゃんから借りているランニングベストは、住所を聞いていないために返せなくなりました。

病院に聞いても、個人情報なので教えくれないでしょう。

なので、名古屋でのマラソンは、私のクォ-ターはうさちゃんのベストを着て、骨髄バンクのノボリを背負って走ります。

そして、うさちゃんの目標だったフルに私が完走できたら、その完走証を添えて、ベストをなんとかご家族に返したい。
まろさんの名古屋ウィメンズでの復活を祈念しています。

私のクォーターゴール後に、うさちゃんのベストを着たまま、フルのゴール手前10キロからのまろさんとの併走をさせてくださいね。

うさちゃんの追悼ランです。

我々の胸の中にはには、うさちゃんは永遠に生きています。
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク