入院生活34日目 歯肉炎とマラソン案内

安眠できたのは1日だけでした(涙)

昨日は歯茎が痛くて夜中に目が覚めてしまいました。
小さいアイスノンで歯茎を冷やし、解熱鎮痛剤のカロナールを飲んでなんとか眠ることができました。

元々右の奥歯は歯と歯茎の差が余りないので炎症を起こしやすいので意識的にうがい、歯間ブラシ、フロスをしていたのですが、今回は右奥歯から始まって、前の歯茎、左側の歯茎までと下の歯茎全体が腫れてしまいました。これだけ腫れると歯間ブラシも通らないし、ブラシを通すと血が出て更に痛むのでうがいの回数を増やしたのですが、痛みは更に増して食事は杏仁豆腐とかゼリーしか摂れなくなってしまいました。

でも昨日7/30は土用の丑の日だったので昼食は鰻の柳川風。
20160731105100a8d.jpeg

食い意地だけはあるまろにゃんは縦1cm横2cmの鰻4切れだけは完食しました。
鰻は美味しいのは秋から冬なので、退院したら美味しい鰻重が食べたくなりました。

夜からは全粥にしてもらったので、お粥は完食できました。
おかずは食べると痛いのでまだ食べられません。

歯肉炎の痛みを先生に言っても「移植の時はもっともっと大変だから」と返されるんですよね。
ああ、移植って本当に地獄の日々になるのね。わかっちゃいるけど怖いです。

体調はかゆみは減ったけれど、時々かゆくなります。
あと空咳と鼻水が出るようになりました。鼻水はクラリチン錠を処方しもらったら止まります。
アレルギーなのかな。白血球が上がって、元気になりたいです。

*    *    *    *

昨日は旦那がお見舞いに来てくれて私宛の郵便物を持ってきてくれました。

与那国島一周マラソンと愛媛マラソンのエントリー案内が届いていました。
20160731105044e74.jpeg

与那国はアップダウンのあるどMなコースなのですが、島の温かい応援とそのあとのふれあいパーティが最高です。

愛媛は大変充実したおもてなし、参加賞の今治タオルと道後温泉無料券が魅力です。
来年のエントリーまでは3年間有効の4時間を切った公式タイムがあったのでアスリート枠でエントリーできたのですが、移植したら4時間なんていつ切れるかわからないので高倍率の一般エントリーで応募するしかないんですよね。

移植となるとGVHDで皮膚、内臓へのダメージがあるので最初の2年は普通に生活するのが精一杯だろうし、その後も免疫抑制剤の影響でヘモグロビンとか低いとかで思うように走れないだろうし、やっぱり走れるようになるのに5,6年はかかって、フルはそこから練習しても完走がやっと。サブ4の世界に戻るなんてかなり厳しい現実ですね。

でも走るよりなにより移植で生き抜かなきゃ。それが一番大事。
絶対生き抜いてやる。



白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク