入院生活42日目 高校野球開幕

オリンピックに続き、夏の高校野球も始まりました。
朝からずっとテレビ三昧です(笑)
昨年は8月後半から感染症で高熱が出て高校野球の3回戦からは見る余裕がなかったのよね。
今年は今の白血球の状態ならゆっくり観戦できそうです。

昨日はウェイトリフティングの三宅宏実さんの銅メダルに感動しました。
スナッチで2回失敗した3回目の試技。ただならぬものが彼女から出ていて見ている方も緊張しました。
それまでの試技と全然違う雰囲気。失敗すれば失格なのにものすごく集中しているのがわかりました。
3回目のスナッチ成功のあとコーチであるお父様の方を見た瞬間は集中が解けて可愛い娘の顔になってましたね。
シャークは勢いがあり、本当によく頑張った。スナッチ3回目の三宅宏実さんは神がかっていました。

* * * *

この前、病棟の師長さんが定期見回りに来た時、枕にかけているタオルを見て「名古屋を走ったんですか?」と聞かれました。お話を伺うと師長さんは虎ノ門病院ランニング部の部長をさらていて、これまで名古屋、北海道、ホノルルなどを完走しているそうです。

「移植後はマラソンは難しいですよね」と聞くと、「まずは5km位からですね」と答えてくれました。「またサブ4を目指したいんですよ」と言うと「ファンランもいいですよ。私はファンランですから」とおっしゃってました。

ファンランかぁ…これまでもタイムを狙うのはもう無理だからファンランで満足できるようなりたいと思ってみたものの、どーやってもファンランじゃ満足できなかったんです。

タイムから解放されると楽しいと言われるけれど、その楽しさがわからない。
元々胃腸が弱いからエイドもそれ程楽しみではないし、まわりの風景を見ながら全力で走るのが好き。ゾーンに近い体験したことがあって、自分の足音と呼吸しか聞こえなくて絶対集中をしていた時の自分。そこまで集中して物事に取り組めることの幸せ。あの幸福感はファンランでは味わえない気がするんです。

昨日の三宅宏実さんの集中力には到底及ばないけれど、私はスポーツをしているときの集中と緊張感が好きで、でもそれはそう毎回やってくるものではなく、真剣に取り組んだある日ご褒美のようにやってくる気がします。

移植後はゾーン体験ができるような走り難しいと思うけど、なにか別の形でいいからゾーン体験が出来るような物事に出会いたい。絶対集中したいです。




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク