DAY-5 放射線1日目、停電で移植日変更

放射線の朝は早い。

6:15ソルコーテフ(ステロイド)の点滴。
6;56グラニセトロン(吐き気止め)の点滴。
7:30検査着にお着替え。
7:50に車椅子で地下4Fの放射線室へ。
8:00から30分かけて位置合わせ。ここで肝臓や腎臓を防御する鉛版を丁寧に設置。
私は左下で横向きになりずっと涅槃像で寝転がる。
10分×4回の放射線投射。

なにがツライって、姿勢がツライ。
1,2回目はなんとか頑張れましたが、3回目から段々左下が痺れてくる。
動くと鉛版の防御がずれちゃうので姿勢を維持しないとならない。
ラスト4回目は痺れが更に酷くなりながらもラストだから頑張らなきゃ、と必死。

更に放射線室は寒い。機械のために温度は24度を維持。
昔々のホストコンピュータのマシン室は21度キープだったからそれよりは暖かいけれど、背中がむき出しだから寒さが堪えます。下はユニクロのリラコに靴下、お腹と肩にはタオルをかけてもらっても寒かった。

全部終わったのが9:22。1時間22分もかかるのね。

帰りはエイドさんが首を冷やすアイスノンを持ってきてくれて、その後はカップ氷をバリバリ食べて口の中を冷やす。写真はアイスノンで首を冷やす私。
20161012174151458.jpg


2回目は15:45からの予定で14:00から朝と同じ点滴の開始。
点滴の最中に瞬断があったと館内放送がはいる。
看護師さんから放射線の順番が遅れているのでベット待機と言われる。

で、停電。

病院内だけかと思ったら、東電のHPを見ると都内各所で停電。
埼玉にある東電の変電所が火事だって。
院内は自家発電に切り替えとなり、電源は一部復旧。
でもエレベーターは止まっている。

東電の復旧宣言後も病院内は自家発電継続。
エレベーターも徐々に回復。

そんなこんなで、本日2回目放射線は中止。
移植スケジュールも変更よ。

10/13 DAY-5(再び) 放射線 3グレイ×2
10/14 DAY-4 放射線 3グレイ×1
10/15 DAY-3 抗ガン剤 エンドキサン
10/16 DAY-2 抗ガン剤 エンドキサン
10/17 DAY-1 免疫抑制剤(サンディミオン)開始
10/18 DAY 0 血縁者間末梢血幹細胞移植、免疫抑制剤(メソトレキサート)開始

エレベーターで移動中に停電にならなくて良かった、と思おう。
放射線を受けている時に停電にならなくて良かった、と思おう。

私はIT系の仕事をしているから、今夜徹夜になるシステム屋がいるんだろうとしみじみ考えてしまった。




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク