DAY51 風邪引きました、退院後はどうなるんだ〜

口が少し乾くのでマスクをして寝ているのですが、夜中に顔が濡れて目が覚めました。
原因は水のような鼻水。とめどもなく流れてくる(涙)

鼻をかんでもすぐ流れてくるけど、眠いのでつっぺ(北海道弁で鼻に栓をすること)して朝まで寝ていました。

朝の検温で熱は37.3度。
ひょえ〜。北病棟に移ってからは37度越えはなかったのに初めて越えたわ。
胃腸の調子もイマイチでして、明日の朝まで悪化しなければ退院、悪化すれば入院延長となるそうです。

どこで風邪の菌を拾ったのだろう。
基本は無菌室病棟にいるのですが、リハビリ室に行く時はエレベーターに乗って一般の人とすれ違う。リハビリ室にはいろんな患者さんいるしなぁ。マスクをしているし、リハビリから戻ったら手洗い、うがいをしているけれどそれでもやられちゃうくらい弱いのね。

午後には平熱となりホッ。今夜悪化しないことを願ってます。


退院前提で看護師さんと慢性GVHD、感染症、合併症のパンフレット読み合わせが始まりました。

看護師さんから退院しても戻ってくる(再入院する)トップ2は

肺炎と脱水 だと。

とにかく菌に触れないように、水分補給をするように言われました。
確かにこれまで一般病棟時代に肺炎で入院延長してくる血液内科の患者さんをたくさん見ました。
肺炎は命取りになる可能性もあるので気をつけないとなりません。

移植後100日以降のGVHDは慢性GVHDと呼ばれます。
・38度以上の熱が続く
・赤い発疹ができる。皮膚が硬くなる。色素沈着。
・食道、胃、小腸、大腸に発生し下痢や下血。
・唾液量減少、味覚異常。
・眼球乾燥、ゴロゴロ感、眩しさ、視力低下。
・息切れ。重症化すると24時間酸素が必要になる。

移植後に罹りやすい感染症
・ヘルペス(帯状疱疹)移植後3〜12ヶ月頃に多く見られる。
・アデノウィルス性膀胱炎 頻尿、残尿感、血尿
・インフルエンザ
・アスペルギルス肺炎 土埃にいるアスペルギルス(カビ)による肺炎
・流行性ウィルス性感染症 水疱瘡、麻疹、風疹、おたふくなど

起こりうる合併症
・白内障 全身 放射線治療患者の30%に起こる
・ドライアイ 慢性GVHD患者の40%に起こる
・骨壊死(大腿骨頭壊死)ステロイド長期投与と関係あり。移植後1〜2年の間に10%の患者に起こる。対応策は杖を使ったり長距離をを避ける保存的治療、外科手術(骨頭置換術)
・二次がん 10年後迄に2〜3%の頻度で別のがんになりやすい。
・甲状腺機能障害 全身放射線治療患者の15%に起こる
・性線機能障害

どれも怖いですが、骨壊死が1番怖いよ〜(涙)
ステロイドで楽になるけれど壊死が怖いから早くステロイド卒業したいです。

というわけでパンフレット読み合わせで少しどよーん。

でも、そんな私をなごましてくれたのがピカチュウ。
無菌病棟のデイルームに出ました。可愛いやつです。
20161208202940f81.png


今日のクロスステッチ。下半分はだいたいできた。
20161208203001799.jpg




白血病治療の情報共有のためにブログランキングに参加しています。
頑張るまろにゃんにポチをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

マスター@M’s Bar さんへ

遊びにきてくれてありがとうございます。
やっぱりどこかからか貰っちゃいますか。注意していてもそうなんですね。

あ、風邪ひきですが悪化しなかったので明日退院できます。やっほーい。

お大事に

はじめておじゃまします。
うがい・手洗い・マスク・除菌シートやスプレーetc・・・
どんなに気を付けていても、免疫力低下中の人間はナニかしらドコかしらから貰っちゃいがちなんですよね・・・
予定通り退院できますよう、祈ってますですよー
プロフィール

まろ

Author:まろ
2015/1に急性骨髄性白血病(WHO分類:inv(16))で入院、2015/9退院。2016/3名古屋ウィメンズ完走!2016/6再発入院。夢はサブ4&サロマ湖ウルトラ完走です。

発病前迄の全レース記録⇒こちら
退院後から再入院迄の全レース記録⇒⇒こちら

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク